WordPressテーマの『賢威8』のβ版を試してきましたが、2019年5月30日に遂に正式版が公開されました。
賢威8のβ版(ベータ版)が公開されてからおよそ9ヶ月目のメジャーバージョンアップです。
開発者は賢威ユーザーからのアンケートや、直接会って意見交換する座談会、サポートフォーラムといった様々なかたちで意見や要望をきいて、できるかぎり反映させたというのですから、賢威8への期待は大きいです。
何はともあれ、早速本サイトも正式版である、賢威8スタンダードWP版(ver 8.0.0.0)へ更新しました。

賢威7.1もしくは賢威8β版からならデータ移行できる

賢威8βから賢威8への移行

賢威8βから賢威8への移行はカンタンです。特別な作業なしで、データを上書きするか、もしくは一度別のワードプレステーマを選択して、賢威8β版を削除してから賢威8のテーマをインストールして有効化するだけです。
もし、カスタマイズしていたり、子テーマを使っていないでカスタマイズしていた場合は、カスタマイズした部分だけ新しい賢威8に移してください。

賢威7.1から賢威8への移行

賢威7.1から賢威8へ移行する場合は移行作業が必要です。
賢威7.1の最新バージョンであるver7.1.0.9以上にテーマを更新した後、賢威サポートページから「賢威7.1WordPress版から賢威8WordPress版に移行する」のページ内で、データ移行プラグインのダウンロードを行い、プラグインを有効化した後に、管理画面の左欄の下の方にある「Keni Setting」を選択。「賢威8へ賢威7.1の設定を引き継ぐ」ボタンをクリックしてデータ移行を行います。

賢威8スタンダードWP版(ver 8.0.0.0) 更新内容

インストールしてみて、ぱっと見はベータ版のときから変わった印象はありません。
Ver 8.0.0.0b8にアップデートした際にトップページのスライダー画像が正しく表示されない不具合もきちんと直っていたのでホッとしています。
さて、この賢威8は「サイトの運営者だけでなく、ユーザーにも使いやすいものを」というコンセプトの元に開発されています。
当然のごとくレスポンシブWebデザインを採用しています。できるかぎり画像に頼らない設計で、SEO対策時に気にしないといけない、サイトの軽量化にも貢献するように細部までこだわった作りになっています。
それでは正式版の更新内容を具体的にみていきましょう。

賢威8の新機能

  • アイコンに「SVG」と「ウェブフォント」を利用し、いろいろな環境で美しく表示されるようになった
  • メインビジュアルに画像だけでなく動画を置けるようになった。また、全画面表示やスライダーの設置が可能になった
  • 「お申し込みボタン」など、コンバージョンに影響するデザインパーツが増えたた
  • SNSのシェアボタンをオリジナルに換え、デザイン性や表示速度が向上
  • WordPressの「カスタマイザー」を利用して、管理画面でデザイン調整が可能。ページごとのカラムの選択、記事一覧のデザインの選択、モバイル時のヘッダーレイアウト(1カラム/2カラム)、テーマのキーカラーの変更等が可能
  • より管理しやすくなった「賢威の設定」メニュー。追尾する「フッターパネル」やヘッダー、記事の後などにコンテンツを追加する機能、「フッターパネル」上で呼び出せるSNSボタン、モバイル時のヘッダーレイアウトの変更機能(1カラム/2カラム)、「スライダー」や「全画面表示」等を利用できるメインビジュアルといったことが賢威の設定から管理できるようになた
  • 賢威8では、投稿時のビジュアルエディタを改良し、デザインをエディタ上で確認しながら記事の作成ができるようになった。あわせて、利なショートコードも多数追加されています
  • 記事上にアイキャッチ画像を表示できるようになった
  • SEOでも注目されている、記事の「著者情報」表示が可能になった。著者情報にはSNSアカウントにリンクすることも可能
  • フッターやメインコンテンツの前後など、全部で11か所に便利なウィジェットを使えるようになり、サイトの見せ方やアドセンス広告の配置も融通がきくようになっています
  • 賢威8専用プラグインの導入。たとえば、キャラ設定プラグインでは、吹き出しによる会話を演出する「キャラ設定機能」が追加。従来あったLP制作機能は、LPプラグインとして機能追加でる